Dining Cafe NINO 大人の居場所として

小さな町の小さな Cafe です

神奈川県中郡二宮町二宮823(JR二宮駅北口1分)
0463−71−7955
11:30〜18:00 定休日(日・月)ご予約で時間外も承ります。
<< うっかり者はいつまでたっても | TOP | 季節のケーキと メニューの悩み >>
営業に支障はありませんが…
昨日の夜 8時過ぎ 
いきなりものすごい音がして
事故かしらと
外に出てみましたら
なんと うちの店の角の柱が
ぶっ飛んでいました!
2軒先の路上に
なにしろ 土台のコンクリートも
お隣の建物の前にあったプランターもぐしゃぐしゃ
何が起きたのか すぐには理解できなかったけれど
でも
これをみてわかりました。
車のバンパーがひしゃげて落ちています。
ライトの破片も。

柱を壊して
その車は走り去ったようで
ちょうど通りかかった若い女性が
白い大きな車だったと教えてくださいました。

お向かいの居酒屋さんの方たちや
ご近所の方たちが
大きな音に驚いて
出てきて 何があったのかと心配そうです。
いろいろな破片が飛び散っていて
ほかの通行するほかの車に支障があってはいけないと思ったけれど
現場はそのままの方がいいといわれて
110番しました。

大家さんにも連絡を入れ
パトカーが来るのを待ち
みんなで どうして逃げちゃったんだろうと
話していました。
それに 普通に走っていて
どうしてこの柱にぶつかるんだろう

ブレーキ音はしなかったし
反対車線に駐車している車もなく
人通りも少ないこの道で
どういう状況で
こんなぶつかり方をしたのか
さっぱり分かりません。
逃げたということは
何かまずいことがあるから…
たとえば飲酒運転?
もしくは無免許運転?

しばらくしてパトカーがやってきて
お巡りさんに一応の経過を説明
だいぶ後に 事故対応のパトカーみたいな車が二台
何やらいろいろ調べていました。
そうこうしているうちに
どうやら事故起こした人らしい人が来ました。
若い男性のようです。
事故を起こして どこに雲隠れしていたのか
一時間も立ってから のこのこやってきて
絶対状況は悪くなってしまうよね
疑ってみれば
酔いをさましてきたのかな?
それとも もしかして替え玉?
ひそひそ そんな話も…。

でも とにかく 良かった。
当て逃げされてそのままでは
どうにもならないもの。
お巡りさんが数人取り囲んで
話を聞いていました。

足元の何かを取ろうとして
ハンドル操作を誤ったとかなんとか
そんな話でした。
保険を使って直すということで
氏名 住所などを取り交わし
「すいませんでした」と頭を下げたけど
「何があっても 事故を起こして逃げちゃいけないんじゃないの?」と
ひとこと言いました。
まぁね 息子くらいのその人に
今更 責めるようなことを言っても仕方がないし。
あとは警察で詳しく調べるようです。
真相は解明されるのかな

右端の柱をなくしたシャッターが
ぶらぶらして
はてさて どうなることやら。
早く直してもらわないと
不用心だし 風が強いとあおられてしまう。


一段落してから
気がつきました。

ちょっとタイミングが違っていたら
私はあの柱のように
衝突されて 飛ばされていたんだ!

ギョッ!

あの直前 シャッターを下ろすために外に出ようとして
ああ そうだ。
メールの返信を送らないといけないな
相手の方は早寝する方だから…なんて思って
店内に戻って 携帯をいじっていた時に
あの事故の音がしたんだから
あのまま シャッターのそばにいたら
多分 私は大怪我か即死か
とにかく無事ではなかったかもねぇ

まだもう少し この世でうろうろしてていいよって
神さまが思ってくれたのかしら
それなら サボらずに
まじめに営業しなくちゃね

ということで
上がりにくいシャッターを押し上げて
今日も通常営業いたしました。

さっきシャッターを下ろすために支柱をはめようとしたら
いつもは緩い位なのに
何としてもはまらない。
仕方がないから 新聞を当てて
トンカチで少しずつずらしながら
やっと支柱がはまり
雨にぬれながら恐る恐るシャッターを下ろしました。

大家さん
がんばって交渉して下さいね。
そして 出来れば シャッター全とっかえしてもらいましょうよ!
ね!
ねっ!

こういうの 何ていうんだっけ?
えーっと 


あー だめ!思い出せない。
度忘れが日常になってきた

21:52 | 毎日が発見 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
びっくりした・・・・・
まあ、大難が小難で済んだと思いましょうか・・・・
良かった・・・
2013/05/17 10:56 AM by
その時はそういう危ないタイミングだとは気づきませんでした。
まったく ノンキなものです。

まだ命があるということは
まだ為すべきことがあると言う思し召し
その日が来るまで
がんばりましょう
2013/06/24 7:38 PM by ローリエ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://cafegokoro.jugem.jp/trackback/226
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--